読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西ファミリーフィッシングの雑記帳

20年ぶりに釣りを再開した小物釣り師がお送りする 大阪湾岸 家族で楽しむ釣り情報

【釣魚調理】初めての出刃包丁 左利きにオススメするこの一本

初心者向け 釣りコラム 魚料理

f:id:digic:20160720094211p:plain

唐突ですいませんが皆さんに知っておいて欲しいことがあります。

世の中のありとあらゆる物は右利き用に最適化されてるんです!右利きの人知ってる?意識したことある?ないだろう?

例えば駅の自動改札。

それが何だ思うでしょうがこれは明確に右利き用として設計されています。切符の投入口、最近だとICカードをタッチするところ、あれって進行方向右側にあるじゃないですか。左利きだとね、左手で切符を持って体の前で腕をクロスさせる感じで投入口に入れないといけないんです。おいおい仮面ライダーの変身ポーズかよっていう。「俺、参上!」ってか?

例えば毛筆。

小学校三年ぐらいになったら習字の授業が始まりますよね。左手で筆を運ぶことに当初からずっと違和感を感じてたんです。とめ、はね、はらい。それをやろうとすると、どうやっても見本どおりにいかない。体をひねって手首を可動範囲ギリギリまで動かしても難しい。あるとき気づいたんです。あ、これって右利き用に出来てるんや。左手でやるのは無理あるやん。なんで先生教えてくれへんかったん?チコタン死んだん?アホーッ!

左利きって生き辛い。

続きを読む

なかなか釣りができない小豆島旅行記[2016.07.09~10]

釣りコラム

f:id:digic:20160711145827p:plain

7月の9日から10日にかけて家族で小豆島旅行へ行ってきました。

出発当日の朝は大雨、その後もなかなかすっきり晴れることは無く微妙な天候でしたが、梅雨の合間になんとか夏の瀬戸内を満喫することができました。

小豆島といえば色々な観光スポットがありますが、醤油、佃煮、そうめん、オリーブなどの特産物があり食に関してもいろいろ楽しめます。もちろん四方を海に囲まれた離島なので海の幸も豊富。

海の幸…。やっぱりこういうところに来たら釣りをしたいですよね。周りは海ばっかりだし。ですが一泊二日の短い予定の中にガチッとスケジュールを詰め込んでおり、釣りをする時間というのは予定に入れていません。

でもどっかの合間で釣りができるかもと期待をして、車にこっそりシーバスロッドとリールを積んでおきました。できるとしてもちょい投げでキス釣りぐらいだろうから、人工エサとちょい投げセットを用意。マルキューのパワーイソメとササメ針のSLエアシンカーです。

f:id:digic:20160711152143p:plain

いざ釣りをするぞと思い立ってもこれなら準備に5分とかからないでしょう。さて、果たして小豆島で釣りはできたのでしょうか?

続きを読む

【釣魚レシピ】市販のスパイスセットでお手軽に「豆アジのカルパッチョ」

魚料理 釣りコラム [魚種]アジ [魚種]イワシ [魚種]ガシラ [魚種]サバ

f:id:digic:20160627144218p:plain

 先週行ったアジュール舞子での釣りが消化不良だったので6月25日土曜日の夕まずめに家族揃ってリベンジだ!ということになりまして。 

その日の早朝は豪雨だったものの昼からだんだん回復傾向という天気予報。自分でも天気図を見て西から回復して夕方には止むだろうと素人判断。あまり遠出するのもしんどいので2週間前の夕まずめに豆アジがたくさん釣れた場所に15時半到着。到着時点ではパラパラ雨が降っていましたがそのうち止むだろうと竿を出しました。

f:id:digic:20160627120428p:plain

しかし一向に雨は降り止まず。

たまに止み間があるものの日が沈み釣りを終える19時半まで断続的に降り続き、竿を出せたのはトータル一時間半ぐらい。その間サンシェード内で雨をしのいでいましたが、小雨程度にしか耐えられない仕様ゆえ床も壁もびしょびしょになって散々でした。

到着した時間には両手で足りるぐらいの数ではあるもののパラパラと釣り人がいたのですが、帰る頃には人っ子一人いない貸切状態。そりゃみんな帰るわな。

それでも夕まずめになったらいろいろ釣れはじめて豆アジ、豆カタクチイワシ、小サバ、ガシラとそれなりに釣果がありました。大きなアジが釣れているという情報もあったのでジグサビキなど投げてみましたがこれにはサバとガシラのみ。結果的に小魚ばかりだったけど家族が楽しんでいたのでこれ幸い。

今回はそれらの小魚をはじめての調理方法で食べた結果、なかなか美味しく出来たので記録に残しておきます。手短かに。

続きを読む

スポーツ - フィッシング