読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西ファミリーフィッシングの雑記帳

20年ぶりに釣りを再開した小物釣り師がお送りする 大阪湾岸 家族で楽しむ釣り情報

釣った魚で食中毒になる3つの原因とその予防法

釣りコラム 魚料理 初心者向け

f:id:digic:20170222094155p:plain

お店じゃない場所から自分自身で食材を手に入れること。そしてそれを自分自身で調理すること。

釣りに慣れた今では当たり前のことなんですが、最初はおっかなびっくりでした。「これほんとに食べても大丈夫?お腹痛くなったりしない?」みたいな。考えてみりゃその辺に生えてる雑草を摘んで食べるのと大差ないですもん。

一方でお店で買った食材は安全という思い込みがありました。しかし実際はそうでもない。いや、かといって「放射能ガー」とか「農薬ガー添加物ガー抗生剤ガー」とか意識高めのことを言いたいんじゃなく。お店で売ってる鶏肉を生で食べればカンピロバクターで食中毒になる可能性が大いにあるし、それ以外の生肉だって生の状態で食べればリスクがある。

魚も同じです。

三枚おろしなどの調理をせず丸のままの魚でも、店先にパック詰めされて陳列してあれば安全なように思えます。でも端的に言えばその辺の海で獲れた魚をトレーに置いてラップをかけただけ。切り身とて別に消毒や殺菌をしてるわけではない。釣ってきた魚となんら差はないわけです。

「釣ってきた魚」を食べるにしろ「売ってる魚」を食べるにしろ食中毒のリスクに大差はないはず。これはもう、ちゃんと知識をつけて自分自身で安全かどうか判断する必要がある。

自分だけが食べるならまだしも家族に食べさせるという責任もあったので、釣った魚を食べるリスクを調べ、可能な限り回避できるようにしてきました。

このブログは「楽しく釣って美味しくいただく」がモットー。そこで、釣った魚、とりわけ海水魚を食べるにおいて食中毒の原因となりえるもの、そしてその予防方法をまとめたいと思います。

続きを読む

【初心者向け】マイワシ!ウルメ!カタクチ!サビキで釣れるイワシの種類を見分ける

初心者向け 釣りコラム [魚種]イワシ

f:id:digic:20170216204926p:plain

大阪湾のサビキ釣りで一番たくさん釣れる魚種といえばなんでしょう?

アジ?それともサバ?いや、最もたくさん釣れて、一番長い期間釣れ続けて、そして誰でも簡単に釣れるのはイワシです。大阪湾では毎年4月末ぐらいから釣れ始めて翌年の年明けぐらいまで釣れる、釣り人にはお馴染みの魚。

ひとくくりに「イワシ」と呼んでいますが、日本近海そして大阪湾に回遊するイワシは「マイワシ」「ウルメイワシ」「カタクチイワシ」の3種。

この3種のイワシ、つい最近釣りを始めたよ〜って人にはなかなか区別がつかないんじゃないでしょうか?あるいは初めての釣りで釣った魚を「それはイワシだよ〜」と教えられたけど、魚売場で売ってるイワシとちょっと違ってない?とか。

三種三様それぞれに特徴がありますので、しっかり見分けて区別できるようにしてみましょう。

続きを読む

魚バサミは何を選ぶ?「ワニグリップミニ」は子どもと一緒に使うのに最適!

釣りコラム 釣具紹介

f:id:digic:20170213153839p:plain

私は小さい頃から生き物が大好きでした。そのおかげでヘビだろうがナメクジだろうが直接手で触れることにそれほど抵抗がありません。魚も同様です。

突然ですがここで30年前の回想。時代は1980年代。

家の周りは農業が盛んな地域で、近所には畑に水を引く用水路が何本も張り巡らされていました。その中の親玉的な太い用水路に、細い用水路に分配するための水を溜める小さなダムというか堰がありまして。雨で増水する予兆があればその堰が開かれて水が開放されます。するとそこに溜まっていた川魚が水と一緒に流れてくるんです。時期によっては足で踏みつけてしまうほどの量になることもありました。

それぐらいの量になると魚をつかまえるのに網なんて必要ありません。基本は手づかみです。壁や段差に追い込んでむんずと掴む。フナやオイカワが特にたくさん獲れました。当時日本全国に生息域を広げつつあったブラックバスやブルーギルなんかも獲れて嬉しかったのを覚えています。今に比べて海外への距離が色んな意味で遠かった時代。家の裏で外国の魚が獲れるなんてそりゃ興奮しますわ。今にしたら複雑な思いだけど、子どもだった当時は外来種問題なんて知る由もなかったし。

時は流れて2014年。

20年ぶりに釣りを再開した私は釣具屋でフィッシュグリップなるアイテムがあることを知りました。フィッシュグリップといっても魚の口に挟んで魚を吊り下げるタイプではなく、挟んで魚を固定するトングタイプの魚バサミです。昔からメゴチバサミという形で同じようなものがあることはありましたけど、今は樹脂製で色んなタイプが売られています。

「魚を手づかみできないなんて軟弱な!俺はあんなん要らんわ!」

最初はそう思ってました。しかし今では釣行に欠かせないアイテムとなっています。色々な製品が各メーカーから売られていますが、親子で釣りをする人におすすめしたいのが第一精工の「ワニグリップミニ」です。ミニのほう。ちっさいほう。

続きを読む