読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西ファミリーフィッシングの雑記帳

20年ぶりに釣りを再開した小物釣り師がお送りする 大阪湾岸 家族で楽しむ釣り情報

【釣行記】タチウオ釣り再開3年目にして初ドラゴン@神戸港某所[2016.11.23]

サビキ釣り 釣行記 [魚種]タチウオ [魚種]アジ [釣場]神戸港周辺

包丁より太いタチウオ

今年の目標として「タチウオ20匹」なんてことを以前に書いたような書いてないような気がしますが、シーズンが始まってからそもそもあまり釣りにいけておらず現時点で「5匹」です。なんとさみしい。

かといってこれからどんどん寒くなるから気軽に釣りに行けない。というわけで早くも20匹は諦めました。その代わりというわけではないんですが、以前から「ドラゴン級(陸っぱりから釣れる1メートル超えのタチウオ)」を釣りたいという思いがありました。私と同じように関西の波止からタチウオを狙っている人には同じようにある思いでしょう。これを目標としよう。

多分片手で十分足りるぐらい残り少ないであろう今年のタチウオ釣行。それまでにドラゴンゲットは達成できるでしょうか?

渋い状況の中で夜明け後にチャンス到来

今年最高の混み具合で場所がとれない…

11月23日、勤労感謝の日。

前日のニュースでは寒波が到来するとしきりに伝えていました。東京では11月としては珍しく雪が降るかもとか(実際に降りましたね)。関西も寒くなるもよう。

ネットで天気を確認すると、気温が下がるのはその日の午後以降であるものの寒いことには違いなく、おまけに北風も強い予報。そもそもここ最近すっかり秋というか冬の足音も聞こえるような気候です。いくらタチウオ釣りが人気でもそろそろ人が減る頃。南芦屋浜みたいな超人気釣場じゃなければ早朝4時ごろ行っても場所確保は余裕でしょう。

そんなわけでサビキ要員の息子を伴い、4時過ぎに神戸港某所最寄駐車場へ到着。テクテク歩いて釣場に向かいます。確かに風は強いけど北からの追い風なんでさして影響はなさそう。寒さもたいしたことない。

そんなことを考えながら岸壁に出ると、今までこの時間に見たことないぐらいぎっしりと人の影が。そこに入るのは躊躇するな~って程度の間隔で端から端まで。なんとかいけそうな隙間を見つけて声をかけるも断られ続けます。自分なら入れてあげるけどな~と思うも、先行者に選択権があると思うから仕方ねえ。

東西に2往復ほどしてようやく気のいいおっちゃんの隣に入れてもらえました。その後も納竿までお世話になりありがとうございました。

ウキ釣りは不発に終わる

まずはウキ釣りの準備。

さりとてじっくりウキを流せるような人と人の間隔ではないので、前回と同じく竿下にウキを固定します。 

結論からいうとこの日は最後までウキにアタリすらありませんでした。これだけ人がいるのに周囲も沈黙状態。周りで釣れた人をみたのはドジョウの引き釣りをしていた隣のおっちゃんぐらい。明らかに渋い日でした。

ゲッターもダメだ

いつものように並行してゲッターも投げます。

狭いので潮上のウキ釣り師が仕掛けを上げたらキャストというのを繰り返して全層さぐりますが、まるでアタリ無し。ただ巻き、リフトアンドフォール、FLAP釣法風とアクションも変えますが全く持って無反応。

そういやYouTubeを徘徊していて武庫一で撮られたテンヤのアクションについてのとある動画を観たんですが、FLAP釣法のアクションってつまりテンヤの名人のアクションを倣ってるんですね。なのでゲッターでも有効なはず。

しかし今日はダメっぽい。さすがシーズン終盤ともなればこんな日も珍しくないよな。なんてことを思いながら夜明け前後の時合いに期待します。まあ最後まで時合いなんてのも無かったんですけどね…

とりあえずアジでおかず確保

この日の日の出は6時半ぐらい。

うっすら明るくなってきた6時ごろ、とりあえずセットして底に垂らしておいたサビキにアジがかかります。今日もきてくれました。タチウオは期待薄っぽいしこれでおかず確保を目指すとします。寒くなるにつれアジの時合いが短くなってるし手返しよくいかねば。

息子にサビキ竿をまかせ、私は横でアミエビ詰め&針外しマシーンに徹します。ほぼ入れ食い状態が続いたものの30分ともたずアジは去っていきました。

アジは20センチ弱が15匹

18~20センチぐらいのマアジが15匹。満足とはいえませんがこれはこれで良しとしましょう。

アジが去ったあとは、なぜかガシラの猛攻が始まりました。サビキでこんなにガシラが釣れるのは初めて。しかし釣れても釣れても10センチ未満のミニガシラです。その数10匹超。全てお帰りいただきました。

最後の悪あがきでドラゴンゲット!

時刻は6時半を過ぎました。分厚い雲が空を覆っているのでよく分かりませんが日が昇ったようです。

アジが落ち着いたので諦め半分でタチウオ釣りを再開。アジ釣りの最中も見ていましたが、やはり周囲でタチウオが釣れていた気配はありません。もう時合いは来ないだろうけど、自分の中では日没1時間前と日の出後1時間までをタチウオが狙える時間としています。とりあえずもうちょっとだけやってみよう。

ウキ釣り仕掛けはラッキー狙いで足元に放置、ゲッターでなるべく遠投して沖の中層~下層を攻めます。が、急激に風が冷たくなってきたのとあまりの反応の無さにやる気急降下。どーせもう釣れへんわと適当なカウントで沈めて巻いていると突然、

「ガツン!」

と根掛かりのようなアタリがきました。ボケーッとやってたので正直どの層でヒットしたのか記憶にありません。とにかく沖のほうから引いてる途中。

遠い位置でヒットしたので巻いて寄せますが、これがなかなか強い引き。途中何度か全く動かせなくなって「根に潜られた?」と思うほど。タチウオが根に入るわけないか。とにかくなんとか竿を立てて寄せてきます。そういえばドラグを締めすぎてたのかラインが全然出てなかったな…よく切れずにすんだわ。

明るいので海面に姿が見えました。太い!ハモか?と思いましたがやっぱりタチウオ。多めにラインを巻いてよいしょと引き抜きます。お、重い…  

血抜きした後のタチウオ

おっ!これはけっこうデカイんでないかい? そして太いんでないかい?

血抜きをして落ち着いてから写真撮影をしていると隣のおっちゃんがメジャーをもってきてくれました。測ってみたところ101センチ!やったぜドラゴン達成。

 比較対象物として身長120センチ台の息子に持ってもらいました。

慎重120センチの男児とドラゴン級タチウオ

プライバシー保護の観点によりタチウオ以外に時空の歪が生じていますが、だいたいこんな大きさです。尻尾が完全に残っている個体だったのでかろうじて1メートル超えた感じ。指でいいますと4本と少し。 

指四本ちょい

間違いなく今まで釣ったタチウオで最大。今年の目標が達成できました。いやあ満足。見よう見まねでおそるおそる組んだPEとショックリーダーのFGノットもちゃんと耐えてくれて嬉しい。

このあとも2匹目のドラゴンを狙って30分ほど遠投を繰り返しましたがアタリはなく。近くの人がサゴシをあげたのでバイブレーションなど投げてみましたが特に成果はありませんでした。

そうこうしているうち、寒気が近づいているのかどんどん風が冷たくなっていくので、8時半を目処に納竿としました。

タチウオを念願のしゃぶしゃぶでいただく

たまには火を通そうか

帰宅後まな板にのせて改めて感じるその大きさ。

包丁より太いタチウオ

さてこんな大きなタチウオどうやって食べようか。

今まではせっかく新鮮なんだから刺身で食べないともったいないということでほとんど生で食べてきましたが、たまには火を通して食べてみたいものです。かといって揚げるとかは面倒だし、そもそも脂がのった身っぽいから油を加えるのは野暮だな。

そうだ、前から「たくさん釣れたら」やってみようと思っていたしゃぶしゃぶにしてみよう。偶然にも鍋野菜セットが冷蔵庫にあるし、この大きさならそれなりに身の量も確保できるはず。

早速解体。腹身が大きく取れたので、これは串に刺してから軽く塩をふってバーナーで炙ります。ゴー(炎の音)、チリチリチリ…すごい脂や。皮目に焦げがついたところで早速パクー。こりゃ美味い。濃厚な脂がたまらんぞ。 

そうそう、料理用にバーナー買いましてん。もう刺身あぶりまくり天国です。家の中がスシローもしくはくら寿司の匂いになるよ!

新富士バーナー パワートーチ RZ-730S(バーナー本体のみ)

新富士バーナー パワートーチ RZ-730S(バーナー本体のみ)

 

コンビニや100均でも買える普通のカセットコンロ用ボンベが使えて便利。市販のしめ鯖なんかもこれで炙るとまた違った味に変わります。

タチウオしゃぶしゃぶの作り方

ネットでいろいろレシピを見ましたが作り方はいろいろ。要はなんらかの出汁を沸かした鍋に身をくぐらせてポン酢で食べればいいと解釈して自分流に作ることにしました。せっかくなんで出汁はタチウオ自身からとって丸ごと味わおう。

レシピはざっくりこんなところ。

  1. 昆布で出汁をとる
  2. 沸騰前に昆布をあげる
  3. タチウオの頭と骨はザルにあげて熱湯をかけ回し臭みをとっておく
  4. タチウオの頭と骨を昆布出汁に入れしばらく湯がいて出汁をとる
  5. 15分ほど湯がいたらザルで出汁汁を濾す
  6. 塩、醤油、酒で出汁の味をととのえる
  7. 白菜やネギなど適当な鍋野菜を加えて煮る
  8. 刺身より厚めに切ったタチウオの身を出汁にくぐらせる
  9. 出汁でといたポン酢をつけだれにして食べる
  10. 美味い

腹身の味、身をおろしているときのぬめぬめした手触りで分かりましたが脂がのりまくってます。サイズのせいもあるし、寒くなるにつれ脂も蓄えているのでしょう。これは期待できる。

出汁用に湯がいた頭や骨からも脂が出て油膜ができていました。調味料を加える前に昆布とタチウオだけの出汁を味見すると…ウマーイ。濃厚な旨み。ずっと飲めそう。水筒に入れて持ち歩きたい。

身は刺身で食べるより厚めの削ぎ切りに。皮もそのまま。さすが1匹でもお皿山盛りの量がとれました。この身の白濁っぷりから、分かる人には脂ノリが分かってもらえると思います。

厚めの削ぎ切りにしたタチウオがてんこ盛り

あとはもう普通のしゃぶしゃぶの流儀に従うだけです。

出汁に野菜を入れて煮立ったらタチウオの身をしゃぶしゃぶとくぐらせる。もちろん元々刺身で食べられる鮮度だから皮が縮んで身の外側が白くなったレア状態でもOK。締まった身のコリコリ食感と適度に脂が溶けてプルプル濃厚な味の皮が楽しめます。

しっかり火を通して身をホクホクにしても美味い。身の旨みは刺身より強くなりますね。つまりのところどうやっても美味い!これからは大きいのが釣れたらこれだね。刺身もいいけどしゃぶしゃぶもね。

今気付きましたが、肝心のタチウオしゃぶしゃぶ完成の写真を撮ってませんでした。

ちなみに15匹のマアジは我が家の定番カルパッチョで。ほとんど子供二人が食べて15匹が5分で消えた…。

今回の使用タックル

恥ずかしいがたまには書いてみよう

釣りブログってそのときの使用タックルを細かに書くのがひとつのセオリーだったりします。ルアー方面だと特に。

ですが私は今までほとんどそういうことを書いてきていません。

私のタックルは安物ばかりで誰かの参考になるほどいい道具を使ってないからというのが理由の一つ。「竿:関西波止堤防DX2号(イチバンエイトオリジナル)」なんて書いても「?」ですし。

もう一つはなんとなく気恥ずかしいからというのがあり。

インターネットが普及しだした当初からネットをやっていた人には分かってもらえるかも知れませんが、その時期の個人ホームページって開設したのはいいものの開設それ自体が目的で具体的なコンテンツの無いものがほとんどでした。でもそれじゃあページが埋まらないんで、苦し紛れにホームページ作成に使用したPC環境を書くというのがお決まりのパターン。私が初めてホームページを作ったのが1998年でしたがご多分に漏れず書いてましたね。「メインマシン:PC9821 V166(MMX Pentium 166MHz)」とかね。一台しか持ってないくせにね。

それを思い出してなんとなく書いてきませんでした。

ですがここは、

「ひとつ数万円するようなリールやロッドじゃなく全部で1万円程度の安物タックルでもドラゴン級タチウオが釣れるんだぞ!」

ということをお伝えしたく今回は記録に残したいと思います。以下、太刀魚ゲッターを使用した引き釣り用タックルです。

今回のセッティング

まず全体像を見てもらいます。今回のセッティングはこの通り。

f:id:digic:20161125122951p:plain

続いてリールから針先までひとつずつ説明していきます。

使用リールは2000円台の安リールにPEライン0.8号

リールはこのブログで頻出のokumaサフィーナ2500。実売2000円台前半!

okuma(オクマ) リール サフィーナ 2500

okuma(オクマ) リール サフィーナ 2500

 

ナイロンライン付きのリールですが、もともと巻かれていたラインは使い込んでへたってきたので廃棄しました。そこで空になったスプールに下巻き用の古いナイロンラインを巻いて、その上にPE0.8号を150メートル巻いています。具体的な商品名は失念しましたが、たしかデュエルかラパラのライン。イチバンのセールで1,000円以下でした。

「こんなワゴンセール級の安リールにPEラインを巻いて大丈夫なのか?」

と思われるかもしれませんが、今シーズン初夏から初冬までPEを巻いて使ってきてリールに起因するライントラブルは起きていません。

もちろん高いリールはそれに見合う性能や信頼性があるのは分かってます。しかし私はこれで問題なく釣りをしてきたわけで、ファミリーフィッシングの範疇に限るなら全部このリールでいいんじゃないかという境地にまできております。

竿(ロッド)はシマノで一番安いルアーロッド

竿は”がんばロッド”シリーズのルアーマチックS86ML。いわゆるシーバスロッドですね。

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S86ML

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S86ML

 

シマノというかダイワやがまかつなどの三大ロッドメーカーの中でこれは一番安いシーバスロッドのはず。

ガイドはPEラインに対応したSiCリングでもKガイドでもありません。ですがラインにテンションをかけることを意識するのと、毎回ラインの絡みが無いかしっかり確認してからキャストすれば特に問題なくPEラインを扱えています。SiCリングじゃないとPEラインとの摩擦でトップガイドに溝が出来るという話も聞きますが、ワンシーズン使ってきてその兆候はみられず。これからも使い込んで様子を見ます。

リーダーは太めのフロロのみでワイヤーは使用せず

リーダーはフロロ30LB(8号)を使用。具体的にはこれです。 

クレハ(KUREHA) リーダー シーガーフロロショックリーダー 15m 30lb

クレハ(KUREHA) リーダー シーガーフロロショックリーダー 15m 30lb

 

これをキャスト時にガイドに入らない半ヒロ程度(70~80センチ)の長さをとってFGノットで結束。PEの太さに対して30LBというのはかなり太めだと思いますが、これはタチウオの歯対策。とはいえこの太さでも切られるときはスパッと切られると思います。なのでゲッターを使う場合はここにケミホタルを付けず、テンヤホタル等でゲッター自体にケミを付けます。

ワイヤーが有る無しで釣果が変わる…というのは個人的な経験のサンプルが少ないのでなんともいえないんですが、そりゃ透明で見え難くしなやかなラインのほうがワイヤーより違和感を持たれにくいに違いない。というわけでワイヤーは使わず。もともとウキ釣りもワイヤーを使ってないのでタチウオ釣りのワイヤーレス化がさらに進みました。

リーダーはスナップにクリンチノット(4回巻きぐらい)で結んでからゲッターに取り付けます。

スナップはこれ。 強度は20kgぐらい。

NTスイベル(N.T.SWIVEL) ナイススナップ クロ #1

NTスイベル(N.T.SWIVEL) ナイススナップ クロ #1

 

去年までは何も考えずエサ釣りの仕掛けを解体したときに余った使い古しのサルカン付きのスナップを使ってましたが、冷静に考えると強度的に不安しかないのでこのスナップに。いわゆるサルカン付きスナップより2倍ほど強度があります。

ゲッターはカスタマイズ版

太刀魚ゲッターはちょこっとカスタマイズ。全体像はこれ。

f:id:digic:20161124104218p:plain

 ゲッターは5号のグローナチュラル。

誘い用アイテムとしてメインのシャフトにテンヤホタルでケミホタル25をセット。 

ルミカ(日本化学発光) テンヤホタル ブラック

ルミカ(日本化学発光) テンヤホタル ブラック

 

さらに後方でヒラヒラさせて太刀魚を誘えるよう、フックにパニックベイトのメバルを取り付け。 

ヤマシタ(YAMASHITA) パニックベイト メバル A

ヤマシタ(YAMASHITA) パニックベイト メバル A

 

アタリが多いときはこのヒラヒラ部分がズタズタになってくるので、タチウオがどこを食ってるかの目安にもなります。カラー、サイズともに膨大なラインナップがあるので、紹介した以外のものでもお好きなのをお試しください。

フックにはワインド用のトレーラーフックを付けてフッキング強化。

より確実にタチウオをゲットするために重要なパーツだと思います。

今回釣れたメーター越えのタチウオは、下顎の内側にこのトレーラーフックが刺さっていました。サイズがサイズだけに後方から丸呑みしようとしたのかもしれませんね。今回に限らず、タチウオがこのトレーラーフックに掛かっている確率はかなり高いです。

エサはサビキで釣れたカタクチイワシ

ゲッターに付けるエサはキビナゴが定番ですが、今回はカタクチイワシを付けました。これは数週間前の釣行でサビキで釣れたカタクチをそのまま冷凍しておいたもの。

サイズは10センチほどで、ゲッターにつけるにしてはちょっと大きめ。頭がデカくてゲッターの一番前にはセット出来なかったのでやや後方に付けて尾びれがより自由に動くようにセット。

去年の最大サイズも同じように「カタクチイワシ+太刀魚ゲッター」で釣れました。 

エサの種類が功を奏したのかどうか分かりません。

ですが今回で「カタクチイワシ+太刀魚ゲッター」の組み合わせが自分の中で大型タチウオを釣るためのゲンかつぎとして成立したような気がします。

安物でも釣れればいい

以上です。まとめとしてもう1回全体像を。

f:id:digic:20161125122951p:plain

タチウオ釣りを再開して3シーズン、今までいろいろと引き釣りのセッティングを変えてきましたが、ここにきてようやくこれに落ち着きそうです。リーダーをスパスパ切られるような状況にならない限りはしばらくこれでいくと思います。

以上、紹介したタックル全てとエサを含めてちょうど1万円ぐらい。竿やリール単体で1万円を超えることは珍しくないですが私にはこれで十分です。

満足したので釣り納めとする(かもしれない)

タチウオ釣りにおいて目標にしていた「ドラゴン級(メーター超え)を釣る」というのが達成できました。なるほどこれがドラゴン級の引きか!という強烈な引きも体験できました。

味という点でも「寒い時期×大型サイズ」の相乗効果で最高の脂ノリ具合。これまで食べてきた太刀魚の中でも最高の味でした。

これをもって「なんか満足したし今年はこれで釣り納めでもいいか。寒いし。」という気分になってきたりしてます。現時点では。

1週間もたてば忘れてそうですけど。

釣果情報

  • 釣行時間:2016年11月23日(04:00~08:30)
  • ポイント:神戸港某所
  • 天気:くもり(過去天気リンク
  • 気温:10度前後だが寒波到来のため夜中より朝のほうが寒かった
  • :やや強めの北東風を常に背中に受ける感じ
  • 自分の釣果:タチウオ×1、マアジ×15、メバル×1(リリース)、ガシラ×10(リリース)
  • 周囲の釣果:タチウオ、マアジ、サゴシ

料理方法

  • タチウオ:しゃぶしゃぶ、腹身は串に刺して炙る
  • マアジ:カルパッチョ